お月見の風習

こんにちみー♪

今日は夏休みなので、まったりのんびりと過ごしています(*´ω`*)
朝はのんびりごろごろとお布団から這いずり出てきて、ごろんぬごろんぬしておりました(
お仕事や勉強で精を出されている方々にはごめんなさい(ノ∀`)
明日からお仕事頑張るよ!


それはそうと、前回の<中秋の名月>のブログで間違えたこと書いていましたねー
中秋の名月の翌日の満月の日もお月見すると吉と書きましたが、これは間違いですね。
僕の勘違いのようでした。ごめんなさいね(´・ω・`)


ということで、お月見について、少々調べてみました♪

みなさんがお月見と聞いて、一番思い出すのが、<中秋の名月>!
一般的に言われている十五夜ですね♪
これは、陰暦8月15日の夜に出ているお月様を祝う行事です。
お供えする団子の数は、十五夜なので15個ですね♪
ススキとお団子15個を備えて、お月様を見る行事です☆
今年は関東あたりは曇りで見えなかったので、【無月】の十五夜になりましたね♪
また、雨が降っていて見えなかった場合は、【雨月(うげつ)】の十五夜となります♪
十五夜でも天候によっては、そのお月様の呼ばれ方がいろいろあるので、面白いですね~(*´ω`*)


次に、<中秋の名月>を行ったら、十三夜もやった方が良いとされております♪
十五夜の月に対して、【後(のち)の月】と言われているようです。
この日は、大豆や栗を供えるので、豆名月、栗名月と呼ばれています♪
どうやら、僕は十三夜と間違えて、前回のブログで翌日の満月が良いと書いてしまったようです(´・ω・`)

江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は「片月見」または「片見月」で縁起が悪いと遊女らに嫌われた。二度目の通いを確実に行なうために、十五夜に有力な客を誘う(相手はどうしても十三夜にも来なければならないため)風習があった。
[Wikipedia 月見より引用]

今年の十三夜は、10月6日(月)ですね♪
お供え物は、栗や大豆だけでなく、十五夜と同じでOKです(お団子は13個です)♪
この日は晴れてほしいなと思います♪


最後に、<十月十夜>も紹介します♪
あまり知られていないようなので、ついでに紹介します☆

旧暦10月10日の月は「十日夜の月」とよばれ、「中秋の名月」と「後の月」に対しては「三の月」ともいい、この夜にみる月がその年の収獲の終わりを告げるとされております。

今年だと、12月1日(月)になりますね♪
この日は、いろんな行事が地方で行われているようですね~。


以上で、お月見関係でした(*´∀`*)
ちなみに、ひかりさんの名字の繊月って気になりませんか?w

ついでに紹介しますd(*゚ω゚*)

【繊月】
1.一般的な細い月のことを言います。所謂、三日月を繊月と言います♪
2.熊本の米焼酎。酒名は、人吉城の別称「繊月城」にちなみ命名。一般酒と古酒がある。球磨川の伏流水を仕込み水に使用し、低温発酵で醸す。原料は米、米麹。アルコール度数20%、25%、40%。蔵元の「繊月酒造」は明治36年(1903)創業。所在地は人吉市新町。
引用:コトバンク様 繊月

なので、三日月の時は、あのお月様には繊月家のみんながぺったんぺったん御餅をついて、きなこなどをまぶして食べているんだなー。と思ってください(*´ω`*)

以上です♪
なお、このブログは、全体的に上記で引用で示したWikipedia様の引用を使用しております♪

では、またいに~~( ´ ▽ ` )ノシシ
category
日記

Comment

Trackback

http://sengetsu4649.blog100.fc2.com/tb.php/515-2a533f41